エマ・ワトソンの性格は高飛車?爆弾発言で炎上する騒ぎに

スポンサードリンク

女優のエマ・ワトソンが「ラ・ラ・ランド」についてした発言が物議を醸し出しているそうです。

「ラ・ラ・ランド」には自分が出演するはずだったがギャラや出演場所が合わずに降板したとの大発言。

エマ・ワトソンは性格が悪いのでしょうか?

 

エマ・ワトソンの性格は高飛車なの?

31822373

エマ・ワトソンは詐欺師症候群といわれています。

そもそも詐欺師症候群って何って話ですよね。

詐欺師症候群とは自己評価が低くて、自分の成功や業績、他人からの評価などを受け入れないなどの状態をいうそうです。

 

では高飛車って何かと説明しますと。

相手に対して高圧的な態度をとることの人をそういうそうです。

使い方は「高飛車な物言い」、「高飛車に出る」などです。

 

その他に考えられるのがイギリス人の性格が実はプライドが高いのではないかということです。

アメリカの文化はイギリスのパクリで、英語もイギリスのパクリなので大手を振った発言をするのではないかということです。

 

エマ・ワトソンはイギリスに誇りを持っている

46193961

エマ・ワトソンも始めは「ラ・ラ・ランド」主演に乗り気だったようですが、出演するにあたっての要求がとんでもなくて制作陣も断念してしまったとか。

映画のリハーサルはロンドンでなければいけないなどのわがままを言っていたそうです。

そもそもイギリス人は大のアメリカ嫌いで有名ですね。

アメリカ人の英語は汚いとか、あんなの英語じゃないとか。

日本人も英語コンプレックスとかもうやめればいいのにと思います。

日本人はアメリカ人崇拝しすぎじゃないのって思います。

アメリカなんかただの外国の一つに過ぎないんだから。

 

エマ・ワトソンの衝撃的な中高生時代

110702144744_DSC_2862

エマ・ワトソンはイギリスのオックスフォードにあるヘディントン・スクールという女子校で中学・高校時代を過ごしたそうです。

在学中は他の生徒がエマ・ワトソンと口を聞く事は許されなかったそうです。

学校側がエマ・ワトソンに普通の学校生活をして欲しいとの方針から校則で定めていたとか。

映画の撮影が多忙でほとんど学校には来ていなかったそうです。

 

イギリスの義務教育は5歳から11歳までの6年間が初等教育で、11歳から16歳までの5年間が中等教育になるそうです。

大学まで進学したい場合は一般的に義務教育終了後に、大学進学準備校に2年間通い、その後に大学に3年間通うそうです。

イギリスの大学はおよそ6000万人の人口に対して100校ほどしかないとかでよほど勉強に自身のある人しか進学できないとか。

日本とは逆ですね。日本は大学が無駄に多すぎますし。

ちなみに日本の大学は758校だそうです。

 

それからエマ・ワトソンはブラウン大学に進学して2015年5月に英文学の学士号を取得して卒業したそうです。

o0500073012953548533

出典 NEVERまとめ

 

まとめ

どうやら高飛車な性格は映画の撮影で多忙だった中高生時代になったみたいですね。

それが原因で友だちもでき難くて詐欺師症候群になったのでは?

それとアメリカ嫌いなイギリス人の国民性が放漫な性格に見えるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク