ウィルバー・ロスが米商務長官に就任!ロスチャイルドとの関係は?

スポンサードリンク

2017年2月27日に米議会上院が、米商務長官にウィルバー・ロス(79)を米議会により賛成72、反対27で承認しました。

宣誓後に米商務長官に就任するそうです。

 

ウィルバー・ロスといえばドナルド・トランプ大統領の長年の親友だそうですが、実は過去にトランプを借金地獄から救ったそうです。

トランプは1990年4月に3番めのカジノリゾート「トランプ・タージマハル」をニュージャージー州アトランティックにオープンしたそうです。

6億7500万ドル(約770億円)の借金をして金利は14%の大勝負をして、物の数ヶ月で経営不振に陥り巨額の借金だけが残りました。

しかし、破産アドバイザーチームの債権代表者をロスが務めており、カジノを強制破産させることを提案しました。

破産取引の内容は持ち株の50%を手放して、それと引き換えに支払い条件の緩和を受けてカジノを継続するというものでした。

結果、借金地獄から抜け出すことができ長者リスト「フォーブス400」に返り咲くことができました。

なるほど、不動産王ドナルド・トランプも経営が上手くいかない時があるのですね。

 

そんなウィルバー・ロスですが、気になるのは「ロスチャイルド」との関係です。

アメリカの陰謀論で有名な秘密結社「フリーメイソン」と並んで有名な「イルミナティ」、その中核とされるのが「ロスチャイルド」と「ロックフェラー」ですが、果たしてウィルバー・ロスはどうのうような因果関係があるのでしょうか。

 

ウィルバー・ロスとロスチャイルドとの関係は

ウィルバー・ロスは1937年11月28日誕生。ハーバード大学MBA取得し世界的金融大手ロスチャイルド「N・M・ロスチャイルド&サンズ」のファンドマネージャーを経て、2000年に投資ファンド、WLロス&カンパニーを設立して最高経営責任者(CEO)に就任。

この経歴からも察することができるように、ウィルバー・ロスは堅実なるロスチャイルドの完全なる下僕なのです。

経営不振に陥っていた当時のトランプの人気ぶりにつけ入りました。

大統領になれたのはイルミナティの陰謀であり、最初から仕組まれていたことだったと思われます。

事実こんな話が、トランプは「トランプ・エンターテイメント・リゾーツ」を1995年に設立しましたが、2014年の破産後に売却して、2016年にカール・アイカーンが自社の孫会社にしてしまいました。

そして、アイカーンはトランプが大統領になってからの保有株価が選挙前に比べて27%も上昇しているそうです。

また、アイカーンは古くからのトランプの友人でもあり、アドバイザーで大統領戦後も助言を惜しまないとのことです。

彼らの裏にはロスチャイルドがありまた。ロックフェラーともつながっており今回のウィルバー・ロス米商務長官就任しかり、ドナルド・トランプ大統領当選しかり全て「イルミナティ」の手の上で起こっている出来事ではないかと推測されます。

 

イルミナティがとうとう表舞台登場

その秘密結社「イルミナティ」が、とうとう表舞台にも登場して都市伝説レベルでは済まなくなってきています。

トランプ大統領の当選で本格的に動き出したようです。

実はトランプの義理の息子のジャレット・クシュナーも新興ユダヤ系財閥の御曹司であり、ウィルバー・ロスも前述のようにユダヤ系であるロスチャイルドとつながっており、トランプ政権の周りはがっちりユダヤ系で固められています。

イルミナティはこう言っています、「一部の国際金融資本家と知的エリートが絶対的な権力をもって全世界と大衆を管理・コントロールする平和な社会」を目指す「新世界秩序(New World Order)」を作り出すのだと。

これからますます世界秩序が混乱することになるのではないかと予測されます。

 

まとめ

・ウィルバー・ロスが米商務長官に就任するのは全て「イルミナティ」の陰謀であり、初めから仕組まれていたことだと予測される

・影で奴らは「ロスチャイルド」、「ロックフェラー」の米2大財閥を使って世界を牛耳っている

・トランプ大統領当選に合わせてとうとう表舞台に登場して本格的に動き出した

・世界は陰謀によって支配されている(日本にも陰謀があって支配されている)

・世の中で起こる不都合なことは陰謀論でしか説明がつかないことがたくさんある

スポンサードリンク