映画デスノート Light up the NEW world 戸田恵梨香の演技が楽しみ

スポンサードリンク

10月29日にデスノート Light up the NEW worlld が公開されるらしいです。今回は10年ぶりの新作となる新デスノートシリーズにスポットを当ててみたいと思います。

 

戸田恵梨香がミサミサ役で出演続行

戸田恵梨香さんが弥海砂(あまねみさ、ミサミサ)役として再びデスノートに出演するらしいです。過去作では第二のキラとして夜神月(藤原達也)のサポートをしてきた彼女。今作ではどんな役柄になるのか。私の予想では今作では彼女は狂言回し的な存在になるのではないかと思います。

物語の主軸の人物ではあるが直接デスノートを使うこうとはないのではないかと思います。

10年前に比べるとかなり大人の女性という感じになりましたね。原作準拠だった当時のゴスロリファッションはもう無理でしょうか。今作はさすがに見れないでしょうか(笑)

最近は痩せすぎという話が飛び交ってましたが。ちょと肉付きが良くなったような気がしますね。

かなり過去のドラマになるんですが、野ブタ。をプロデュースというドラマに出演していたの時の彼女は本当にかわいかったです。

今作ではミサミサはどんな進化を遂げたか楽しみで仕方ありません。

 

夜神月は生きているという噂

どうやら今作でも夜神月(やがみらいと)役で藤原達也さんが出演するらしいです。夜神月はLの自己犠牲という策略の結果、死神リュークによって引導を渡されて死んだはずですが、なぜか今回も登場するというのはどういうことでしょうか。

地獄から蘇ってきたのでしょうか。おそらく私の予想ではまた人間界で面白い物を見てみたいリュークが何らかの根回しをしたのではないでしょうか。

藤原達也さんといえばやはりあの迫真の演技が魅力的ですよね。いつもなんだかシリアスな雰囲気がするし、作中で悪役だったとしても、とことん外道になりきる役者魂。

それから悔しい時のあの表現の仕方は役者さんの中でも随一だと思います。

作中でキラウイルスという言葉がでてきいるので、恐らくは彼自身がコンピューターウイルスになってネットの世界で生きていて、そこから再び世界の支配者キラとなろうとしているのではないかと思います。なんだかジョニー・デップのトランセンデンスみたいになってしまってすいません。

でもやはり藤原達也さんなしにはデスノートは面白くないですよね

 

6冊のデスノートが人間界にばらまかれる

一気にデスノートが6冊も人間界にばらまかれるなんてもう創造を絶する世界です。そんな事現実に起こったら物凄く怖いですよね(笑)

新キャラクターとしてデスノート捜査官(東出昌大)、サイバーテロリスト(菅田将暉)、Lの後継者の竜崎(池松荘亮)の3人がいるらしいですが、いったいどのような伏線が張られているのでしょうか。いろいろ妄想が膨らみますね(笑)

予告編では白い死神が出ていましたが、あの死神がノートをばらまいたのでしょうか。だとしたら、いったい何のために? 死神大王が何らかの手引きをしているのでしょうか。

 

まとめ

今作は原作にはない完全オリジナルストーリーなので今から非常にワクワクしますね。やはりラストにどんでん返し的な展開が待っているのでしょうか。

今回の劇中主題歌は安室奈美恵さんのが担当されるらしいですね。レッド・ホット・チリ・ペッパーズが続投ではないみたいです。

曲名は「Dear Diary」でバラード調の曲だそうです。落ち着いた曲のほうが今回の映画のイメージにしっくりくるのでしょうか。

公開されるのが本当に今から待ち遠しい限りですね。

 

スポンサードリンク