ガソリンスタンドで給油した時に店員の態度にムカついた話。

スポンサードリンク

私は車で会社に通勤しておりいつもセルフのガソリンスタンドに給油しに行くのですが出光、ESSOなどの店舗で対応がかなり異なることに疑問を抱いており結局どこの店舗がいいのかということに今回は書いていきたいと思います。

 

現在10数年落ちのワゴンRに乗っています。8万キロで購入し現在11万キロ走行程です。タイミングベルトは車検時に10万キロ交換済みです。

一度サイドブレーキのランプが点きっぱなしになりこれは何なんだと思い販売店に持っていくとブレーキパッドが悪かったということがあって交換してもらいました。それからは特にこれといってトラブルもなく順調に走っております。

 

スズキ車は本当によく走ります。後、軽の割に内装が広く感じます。

以前車検時に代車でホンダのライフに乗ったのですが内装が狭く感じラゲッジスペースも狭く感じ何だか窮屈でした。でも加速感と小回りはあちらの方が良かったですね。車検からワゴンRが帰ってきたときは何だか物凄く重たく感じました(自動車なのだからアクセルを踏んでいるだけなのですが…)。

 

前置き長くなりましたが、では本題について書いていきたいと思います。

 

注:飽くまでも私個人の見解なので参考程度に読んでください。

 

その一、エムケイ石油での出来事

いつもの会社からの帰り道に給油ランプが点灯してそろそろガソリンを入れなければと思い家の近所のガソリンスタンドのエムケイ石油(出光系列、たぶん京都の人しか知らないのでは?他地方の方すいません)でレギュラーをセルフで満タンにしました。

 

ガソリンが27.00入りました(ワゴンRのタンク容量は30リットルです)。私は昔高校生の時にフルサービスのガソリンスタンドでアルバイトしていたので少数点以下は00で給油するようにと指導されたので今もその癖が残っています。

高校生の頃は一年生の時は柔道部だったのですが、それ以降はアルバイトに明け暮れる日々。いわゆる帰宅部といわれる部類の人でした。

 

そして、釣銭機でお釣りを受け取り帰ろうとしたら店員の一人が「今なら無料でお車の点検をしております、良ければいかがですか?」とのこと。何て親切な方だろうと思い迷わお願いしました。タダならしてもらうに越したことはないと思ってしまいました。

かくして私はタダって言われると得した気分になる人間の心理に付け込もうとしている人達の餌食になろうとしているのでした。

 

点検ルームへ向かっていく我が愛車。そして5分か10分たったかという頃に店員が「お待たせしました。お車の点検の結果が出ました。バッテリーチェックの結果、バッテリー容量の劣化が確認されましたけどバッテリー交換されますよね。」とのこと。

 

私「一か月前に車検の時にバッテリー交換したからそんなはずはないのですが」。この前ワゴンRを買った中古車屋さんで。車検を受けた時にバッテリーを交換したばかりです。かなりサービスのいい中古車屋さんで工賃込みで7,000円くらいだったかと思います。

だいたいバッテリーの寿命が3年くらいなので車検毎に取り変えてもらえばトラブルも起らなくて間違いないのではと思います。

 

店員「・・・。」

 

私「もういいです。」

 

その日を境にそのガソリンスタンドにはしばらく行かなくなりました。その後も全くトラブルがなく車検まで何も起こりませんでした。いったい何をどう点検したらそんな結果が出るのだと疑惑の念が湧いてきたのでした。それじゃあ詐欺みたいやんって。突っ込みたくなりました。

その日はガソリンスタンドは実は怖い所で巨額の借金を抱え込まされるのではないかと頭の中にありもしないことがグルグルと回っていました。ガソリンスタンドになぜかスズキの新車販売しますとのチラシが置いてあるし。えっ、ここはガソリンを入れるところではないの?って思いました。最近のガソリンスタンドは相当経営が苦しいのだと感じました。昔のようなフルサービスは衰退しましたしね。

 

その2に続く…

 

 

スポンサードリンク